プロフィール

清水飛遊馬

Author:清水飛遊馬
Hyuma’s 
Horse Racing Club

管理人:
Shimizu Hyuma

はじめまして。
管理人の清水飛遊馬です。
私は、東京・錦糸町のWINSで予想屋をしていた伝説の馬券師に師事し、自らも馬券でメシを食っていたこともありました。
現在は、ただのしがない普通のサラリーマン。昔の競馬仲間と、ひょんなことから再開し、競馬の話をしているのがすこぶる楽しい♪それなら競馬を紹介するブログをみんなでやってみようということになりました。発起人が自分だったので、私の名前で倶楽部みたいなものを作りました。これから、少しずつ映像を交えて競馬のドラマチックなレースなどを紹介していきます。どうか、長くお付き合いしてくれるとありがたいです。どうぞ宜しくお願いします。

ランキングに参加してます。励みになるのでご協力して頂けるとありがたいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



☆飛遊馬のおすすめサイト☆
☆お勧め度1000%☆
あなたの馬券の予想法は正しいと思いますか?
無料登録だけで利用できます!
買い目について詳しく説明がされているので
私も安心して馬券を購入することができます。
あなたの予想法が当たる予想に変わります。
⇒日本インサイダー
競馬倶楽部主宰 スナイパーズ

sniperasmini_bunner.jpg

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Dramatic Race
競馬はいつもドラマチックにボクたちの心をときめかせてくれる。想い出は永遠にDramatic Race…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレンススズカ ストーリー1
最強馬ということで、逃げる戦法ならこのサイレンスズカが最強だろう。
ほかにも逃げ馬はたくさんいるが、
「逃げて差す!」というキャッチがつくほど強い馬だと思う。
このサイレンススズカを語らしたらやはり、ピエールさんが一人者なので
この記事も借りてきたのでサイレンススズカの名場面を
お楽しみくだださい。



  最近めっきり涼しくなってきた今日この頃♪
毎年、秋に近づくにつれ僕の思い出の中からこの馬が走り出す。
       
     名前はサイレンススズカ
15戦9勝  主なG1勝ち鞍 宝塚記念


11年前、この馬の走りは競馬界にとてつない衝撃、感動、悲しみを残していった。

そして、僕にも一生忘れることの出来ない思い出の馬となった。

と、まぁドラマチックに書いちゃいたい気持ちは大有りなんですが、それよりも、競馬を知らない方、またはサイレンススズカを知らない方によりサイレンススズカを知ってほしいので、出来るだけわかりやすく
話せたらいいなと思います。

まず、サイレンススズカの戦法は逃げというもので、スタートしてからすぐ先頭に立ち、ゴールするまで先頭を譲らないっていうレース戦法ですね。

前回、紹介した後方から追い込んでくるディープインパクトとはまさに正反対の戦法です。

いかに最後まで抜かれずに我慢出来るか!?なんか忍耐力がものをいうような戦法ですね。

で、サイレンススズカという馬は、前回紹介したディープインパクトのように最初から勝ちまくっていたわけじゃあないんです。勝ったり負けたりを繰り返してました。

潜在能力自体はとてつもないものを秘めていたのですが、幾分それを発揮出来てなかったんですね。

こういうレースもありました。
1997 弥生賞 ランニングゲイル
http://www.youtube.com/watch?v=v-JN3wmsd9Y 


まだデビュー2戦目で気性が幼いのか、ゲートくぐったり、スタート大出遅れをしたりと競馬になっていなかったですね。

さっき言ったようにサイレンススズカは逃げ馬なので全く正反対のレースぶりです。

なーんだ、全然大したことないじゃん!!って思ったそこのあなた。
今の映像だけならそう思いのは当然ですよね。

なんで、次の映像いっきまーす!!
1997.09/15 神戸新聞杯 マチカネフクキタル
http://www.youtube.com/watch?v=lhr_ElZPKIw


なんだ、また負けてるじゃん!!とかマチカネフクキタルすっげぇ!!・・・と思ったあなた。このレースはそう思っちゃだめですよ。

もちろんマチカネフクキタルは強かったです。現にこの後、菊花賞というG1レースで見事1着になっているのでその実力は立証済み。

じゃあなんだよって所なのですが、ここです。最後の直線です。

サイレンススズカの上村騎手はもう勝ったって思っちゃって追うのを止めたんですね。(良かったらもう1度映像見てください。一瞬追うの止めるので)
車で言えばアクセルを離しているようなもの。
そこにマチカネフクキタルが一気にやってきたので、慌てて追いますが時すでに遅し。

1度減速したものだからすぐにはトップギアに入らず軽く交わされちゃいました。

何が言いたいかわかると思いますが、騎手がしっかり追っていれば結果は違ったかもしれないなということです。(僕個人は負けてなかったと思ってます)

まーそれだけでこのレースを見てもらったんじゃなく、このレースが原因で上村騎手は外されてしまいます。

そう、これがきっかけでサイレンススズカにとっての名パートナー=武豊=と出会うことになるのです。

武豊が本人からこの馬に乗せてほしいと直訴しました。大した成績を残せてなかったのですが、やはり天才武豊、この馬の潜在能力を見抜いていたんですね。

武豊が乗り、初戦の海外レース香港国際カップこそ5着に敗れましたが、日本に帰ってきてから破竹の連勝街道が始まるのです。

サイレンススズカの伝説はここからが本番です。
サイレンススズカ バレンタインステークス
http://www.youtube.com/watch?v=VuRpQl879Xk 


この走り!これがサイレンススズカの本当の走りです。
テレビのフレームにただ1頭映るあの勇姿。自分の影すら踏ませない
独走劇。

この稀代の逃亡者の誕生でした。
この後も順調にレースを勝ち進み連勝街道を歩みます。
昔見せた、気性の幼さなど微塵もありません。

今のレース以上にサイレンススズカらしいレースをしたのがこのレース。以前に負けたマチカネフクキタルも出走しています。
サイレンススズカ 金鯱賞
http://www.youtube.com/watch?v=FNC011UAvnw


僕は最初に逃げ馬というのは最後の直線でいかに抜かれずに我慢出来るか?って言いましたが、サイレンススズカは規格外なんです。

逃げているにも関わらず、このレースでは直線でさらに差を広げました。マチカネフクキタルにちゃんと走っていれば負けてないと思っていると言った意味わかって頂けたでしょうか?

競馬って馬が競うと書きますが、この馬は競ってないですよね。

ただ1頭、最初から最後までのびのびと走っている!!

そんな姿に僕はもう1目惚れでした。

この馬が負ける姿は想像つかなくて、この馬より強い馬なんていないんじゃないかなって当時思っていたのを今でも覚えています。

そのサイレンススズカがあんな負け方をするとは誰しもが予想がつきませんでした。

そのレースとは・・・・・・

次回にしましょーか(笑)

僕の人生で1番好きな馬なんでつい力入っちゃって長くなりました。
また次回楽しみにしてください♪


http://ssuzuka.seesaa.net/

※この記事は「オリビーエのENJOY競馬」の管理者様の許可を得て公開しています。見ていて楽しいコンテンツが満載なのでぜひチェックして見て下さい。

ランキングに参加してます。生きる励みになるのでご協力して頂けるとありがたいです。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ 人気ブログランキングへ  

 にほんブログ村 

提供:Dramatic Race
Copyright (C) Dramatic RaceAll Rights Reserved.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://otometic777.blog84.fc2.com/tb.php/24-274b5a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。